女性に好まれる男性ののテレフォンセックステクニック

テレフォンセックスとは、実際に触ったり、挿入をしたりするといった点以外では、限りなく本物のセックスに近いものです。
テレフォンセックス未経験の方からすると、クエスチョンマークが飛び散るかもしれませんが、本当にその通りなのです。
行為が始まるまでの感じも、前戯や服を脱がす感じも、挿入をする過程も、挿入している時も、全て、本物に限りなく近いです。
実際にイク瞬間やイッたあとの気持ちよさなんて、本番とほとんど変わりありません。
そして、女性からすると、『こんなテレフォンセックスが良い』『こんな風に攻めてほしい』みたいな要望もあるのです。
実際のセックスでは、『上手』『下手』がありますし、『体の相性』なんて言葉がありますが、テレフォンセックスでもそれは同じです。
もちろん、実際にモノを挿入するわけではないので、そういった意味での『体の相性』ではないですが、テレフォンセックスにおけるテクニックというものが存在しますので、相手からすると好みか好みでないかの差は、当然ございます。

では、『女性に好まれる男性のテレフォンセックステクニック』とは、一体何なのか?について説明していきたいと思います。

まず、覚えておいて欲しいのは、テレフォンセックスに置いても、いわゆるSとMのような役割分担があり、非常に重要なのです。
どちらかがSでどちらかがMでないと盛り上がりませんので、しっかりとどちらがSでどちらがMかを決めておく必要があります。
そうすると、女性も自然とテレフォンセックスの世界に入っていくことが出来ますので、女性からするとありがたいです。

では、どうやって決めるのでしょうか?
これは、最初の時点でさりげなく聞くのがベストです。
『どんな気分かな?』『何をしたいのかな?』『何をされたいのかな?』といった質問で相手女性がSなのかMなのかを判断し、その逆を自分の役割とすると良いでしょう。
もし、判断がつかない場合は、単刀直入でもOKです。
『攻められたいの?』『攻めたいの?』とジョーク交じりに聞くと話も和んで良い雰囲気になるでしょう。
もちろん、恋人同士の場合は、その辺の性質や好みがわかっていると思うので、役割分担は、いつも通りで良いです。

これは、あくまで私の予想ですが、基本的には、テレフォンセックスを好む女性というのは、Mな場合が多いように思います。
Mな女性には、とにかく羞恥心を感じさせることが1番のテクニックでしょう。
女性が恥ずかしがるような言葉攻めが何より重要です。
『○○○○が見えてるよ』とか『すごく濡れてるよ』とか、そういった言葉を連発するのです。
言葉攻めをして、『いま、こんな恥ずかしいことをしている』と思わせ、興奮させるのと同時にそういった言葉の連発で、実際のリアルにセックスをしているような感覚にしていくのです。
『擬音』を使ったり、触ってる部位の名称を言ってみたり、あるいは言わせてみるのもスタンダードなテクニックです。

基本的には、テレフォンセックスというのは、人には言えない恥ずかしい行為です。
ですので、その羞恥心を武器に攻めて、最後には羞恥心を忘れているかのように大胆な言葉を言ったり、恥ずかしい行為が出来れば大成功です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">